情報処理センター 知財教育のできる教員養成システムの構築
HOME > 大学教育改革(GP) >
お知らせ
2008/02/20 知的財産教育シンポジウム「学校と社会をつなぐ・知的財産教育〜大学から学校現場へ〜」のレポートを掲載しました。
2008/02/05

講演会「グラフィックデザインにおける知的財産戦略〜GRAPHの試みから」を開催します(2/13)

2007/11/12 知的財産教育シンポジウム「学校と社会をつなぐ・知的財産教育〜大学から学校現場へ〜」を開催します(1/12)
2006/10/16 「知的財産教育セミナー〜学校教育と著作権〜」のレポートを掲載しました。
2006/07/26 「知的財産教育セミナー〜学校教育と著作権〜」を開催します
2006/06/09 「知的財産セミナー」を開催します(7/5 13:30-)【学内向け】
2006/03/23 パンフレットを掲載しました(PDF形式/1680kb)
2006/03/07 第1回知的財産教育セミナーを開催します(03/14 13:30-16:30)
「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」に採択
 平成17年度文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」に採択されました。
 採択されたのは、テーマ3「知的財産関連教育の推進」に申請した「知財教育のできる教員養成システムの構築−連携による知的創造サイクルと学校教育の結合−」です。

 本プログラムは,学校現場で種々の教科において,知的財産教育を行うことができる教員(知的創造サイクル全体を視野に入れ,全体像を理解し教育できる人材)の養成をめざしたシステムの構築を行うものです。
現代GPとは
 現代GPとは、「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」のことをいい、文部科学省が社会的要請の強い政策課題に対応したテーマ設定を行い、各大学等から応募された取組の中から、特に優れた教育プロジェクト(取組)を選定し、財政支援を行うもので、高等教育の活性化が促進されることを目的とするものです。

 今年度のテーマ設定は下記のものがあります。
  1. 地域活性化への貢献(地元密着型)
  2. 地域活性化への貢献(広域展開型)
  3. 知的財産関連教育の推進
  4. 仕事で英語が使える日本人の育成
  5. 人材交流による産学連携教育
  6. ニーズに基づく人材育成を目指したe-Learning programの開発
 このうち、本学の片桐昌直助教授が中心となって申請した取り組みが、テーマ3の「知的財産関連教育の推進」において評価され、採択されました。
キャンパス1 キャンパス2
582-8582 大阪府柏原市旭ヶ丘4-698-1
国立大学法人大阪教育大学 企画課
Tel:072-978-3220 Fax:0729-78-3225 E-mail:kikaku@bur.osaka-kyoiku.ac.jp